とこ豚骨らーめんでおなじみ、ラーメン「麦笑」「豚人」「神豚」へおいでませ!

スープへのこだわり
1週間、ガマンできますか?というスープを目指します。

スープへのこだわり

私たちのラーメンのスープは、どの店も「とこ豚骨」が中心になります。
ラーメンのスープといえば、その原料は、豚の骨を使う、いわゆる「豚骨スープ」と、鶏の骨などを使う「鶏ガラスープ」に二分されます。
一見、豚の方がしつこいイメージかもしれませんが、
実は鶏ガラスープの方が、ギトギトしています。
本来の豚骨スープは、とてもサラッとしているのです。
私たちは豚骨を選び、さらにそのサラッとしたスープを、
とことんまで煮詰め、濃度を上げたものを使用しています。
大量の国産豚のゲンコツを、水からガンガンの火で煮出して数時間
より火を強くする羽釜の一番鍋と二番鍋を用意し、開店以来、
各店で丹精込めてつぎ足してはまた煮出し…を繰り返しています。
「とことん煮詰めた、豚骨スープ」それが「とこ豚骨」なのです。

各店ごとでこのスープのコンディションを保つこと、
これがひとつの、職人技だと思っています。

このスープで目指しているのは、「週に一度は、どうしても食べたくなるラーメン」です。
後を引く味、というか、「ときどき、呼ばれる味」です。
「1週間、一度も食べずに、ガマンできますか?」
いつかそんな風に、皆さんに問いかけることができたら、と思っています。